会社員がフリーランスになったときにやること【事務手続き編】

フリーランス

会社員からフリーランスになったときに、必要だった事務手続きをまとめました。
しっかり手続きを行って、安心して仕事を開始できるようにしましょう。

健康保険の手続き

会社員からフリーランスになると、国民健康保険に加入するか、今までの勤め先が加入していた健康保険組合の健康保険を任意継続するか(最大2年)の選択をする必要があります。一般的には、任意継続の方が保険料は安くなります。それぞれの金額を確認して、比較してみてください。
国民健康保険の金額は、役場で教えてくれます。
任意継続する場合の金額は、今まで加入している健康保険組合に電話をすると教えてくれます。

ポイント

窓口 :市区町村役場
期限 :退職した日から14日以内
必要物:健康保険資格喪失書、印鑑、免許証などの身分証明書

国民年金加入(健康保険延長)の手続き

会社員からフリーランスになると、加入する年金が厚生年金から国民年金に変更されます。自動的に切り替わる訳ではありませんので、自分で手続きを行いました。
市役所で国民年金に加入したいと伝えると、手続きの仕方を教えてくれます。

ポイント

窓口 :市区町村役場
期限 :退職した日から14日以内(任意継続は、20日以内)
必要物:年金手帳、退職の日付が分かるもの
    印鑑、免許書などの身分証明書

開業届の提出

フリーランスになったら、税務署に開業届を提出しましょう。急いでやる必要はなく、他の手続きが終わった後でかまいません。

なぜ開業届を出すかというと、「節税ができる」からです。
・青色申告ができる
・経費に計上できる項目が増える
・赤字の繰り越しができる
このようなメリットがあるため、フリーランスとして本格的に仕事をしようと思う方は、ぜひ開業届を提出してください。

開業届は、国税庁のHPからPDFファイルでダウンロードできます。

ポイント

窓口 :税務署
期限 :フリーランスになってから1ヶ月以内
必要物:印鑑、免許証などの身分証明書
注意点:提出時に控えをもらいましょう
     小規模企業共済の加入時など今後、必要になることがあります

青色申告承認申請書の提出

青色申告承認申請書は、開業届と一緒に提出しましょう。
開業届申告承認申請書は、セットと思っておいて間違いないでしょう。
ここでは、詳しく書きませんが、青色申告は、大きな節税効果があります。

こちらも国税庁のHPからPDFをダウンロードできます。

ポイント

窓口 :税務署
期限 :フリーランスになってから2ヶ月以内
必要物:印鑑、免許証などの身分証明書

必要であればやる手続き

確定拠出年金を個人型に切り替える

前の勤務先で確定拠出年金(401K)に加入している場合には、個人型(iDeCo)に切り替える手続きが必要になります。通常、切り替え手続きの為の資料が送られてきますので、その資料をしっかり読んで手続きを進めましょう。
これを機に、運用をやめることもできますが、「国民年金だけじゃ不安」という方は、個人型に切り替えて継続してください。節税にもなりますので、ある程度収入が見込前れる方には、加入をおすすめします

詳細は、iDeCoのサイトを確認してください。

小規模企業共済に加入する

フリーランスになると、小規模企業共済というものに加入することができます。これは、個人事業主のための退職金積み立て精度で、20年以上加入し続ければ、掛金以上のリターンがあります。また、節税効果もあります。

興味が或る方は、まず、中小機構のサイトを確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました