Amazon Ligtsailってなに?

技術系

Amazon Lightsailってなに?

Amazon Lightsailは、AWS(Aamzon Web Service)のサービスの一つです。

VPSサーバーと基本的な他のサービスを1つのパッケージとして提供してくれます。その為、すばやく簡単にVPSサーバーを構築することができます。

EC2は、いわゆるクラウドのコンピューティングインスタンスを起動するサービスですが、LightsailはVPSを構築するためのサービスになります。

Amazon LightsailとAmazon EC2はどう違うの?

Amazon LightsailとAmazon EC2は、どちらもAWSが提供しているコンピューティングサービスですが、提供されているサービスに違いがあります。
ここでは、LightsailとEC2を比較することで、Lightsailを詳しく把握していきましょう。

Amazon Lightsailは、必要な機能がパッケージで提供されている

Amazon Lightsailには、コンピューティング環境だけでなく、ストレージ、スナップショット、ロードバランサー機能、ファイアウォール、DNS機能など、いくつもの機能が揃っています。
一方、Amazon EC2で提供しているのは、コンピューティング環境だけです。ストレージならAmazon S3、データベースならAmazon RDSなど、他のサービスを組み合わせて必要な環境を自分で構築する必要があります。

Amazon Lightsailは予算がわかりやすく、低コスト

Amazon Lightsailは、パッケージごとに月額固定料金になっているので、料金がわかりやすく、予算を立てやすいです。また1つのサービスでWebサイトやWebサービスを作ることができるので、コストを削減することができます。
Amazon EC2の料金は従量制で使った分だけ支払うため、その月の利用額がわかりにくいという面があります。また、必要な機能に合わせていくつものサービスに申し込んだり、アクセス増加によってデータ転送料金が膨らんだりするので、合計金額は高くなる場合もあります。

Amazon Lightsailならサーバーの作成が簡単

Amazon Lightsailは、OSやCMSなどがあらかじめ提供されていて、その中から必要なものを選択するだけでサーバーを設定したり、ブログを作成したりできます。設定する箇所も少なく、操作も簡単です。
Amazon EC2は、必要なサービス構成を考えて申し込むところから始めるので、設定やサービスの作成にはある程度の知識と操作が必要です。

Amazon Lightsailならサーバーの複製が簡単

Amazon Lightsailなら、サーバーの複製を作ったり、サーバーを移転したりする場合、サーバーのスナップショットから、直接次のサーバーを作ることができます。
Amazon EC2は、スナップショットから一度AMIを作成し、そこから新しいインスタンスの作成が必要です。

EC2との比較を中心にAmazon Lightsailのメリットをあげてみました。
しかしいろいろと便利そうなAmazon Lightsail、EC2と比較して以下の点では注意が必要です。

Amazon Lightsailは柔軟性が少ない

Amazon EC2では、必要に合わせて自由に他のサービスを組み合わせることができ、データ転送量の変化にも弾力的に対応できます。
しかしAmazon Lightsailは機能がパッケージで提供されているため、必要な仕様に合わせて機能を組み合わせることや、データ転送量の変化に対応できるような柔軟性はありません。

Amazon Lightsailは停止していても課金される

Amazon Lightsailの場合、インスタンスを使用中は、サーバーが動作していても停止していても課金されます。
Amazon EC2は、サーバーを停止している間はインスタンスには課金されません。ただし、スナップショットを作成したEBSボリュームには課金されます。
Amazon Lightsailでは機能的に足りない、より弾力的なサーバーに変更したい場合は、簡単にAmazon EC2へ移行できるウィザードが用意されています。

Amazon Lightsailのメリット

・簡単に利用できる
 -必要なサービスがパッケージ化されている
 -セキュリティや権限管理がデフォルトで設定されている
・月額固定料金なので、予算が立てやすい
・AWSの他のサービスを組み合わせて使うよりも安価に使える

Amazon Lightsailのデメリット

・自由度が低い
 ーサーバーのスペック変更ができない
 ー設定可能な項目が少ない
 ーセキュリティの変更やIAMによるロールの割り当てなどの詳細が不可能
・インスタンスを停止しても課金が継続する
・CloudWatchでメトリクスを確認できない

Amazon Lightsailの料金体系

Amazon Lightsailの料金は、AWSでは珍しい、固定料金です。
月額3.5USドルから240USドルまでの14通りのプランが存在します。
支払いは、クレジットカードが必要です。

まとめ

Amazon Ligthsailは、安価で使いやすい為、小さなサービスをすばやく立ち上げるのに、向いています。

まずは、Amazon Ligthsailでサービスを構築し、必要に応じて、EC2へ移行するという方法もおすすめです。

1ヶ月の無料枠がありますので、ぜひ一度試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました