Fujikura シャフトの選び方【ゴルフ道具の魅力】

ゴルフ

皆さんご存じでしょうか。
アメリカのプロゴルフPGAでは、三菱とフジクラ、そしてグラファイトら日本のメーカーでシェアが6割近くあり、日本のシャフトが米PGAツアーを席巻しているといっても過言ではないでしょう。もちろん、国内でも日本製のシャフトは、人気です。

その中で、フジクラ(Fujikura)のシャフトは、1990年代にSpeeger シリーズが圧倒的な加速感と飛距離で爆発的にヒットしました。 国内の女子プロツアーでは、使用率ナンバー1です。試合によっては、使用率が50%になることもあるぐらい使われています。

Speeder EVOLUTIONシリーズ

Fujikuraのシャフトで一番有名なのは、Speeder EVOLUTIONシリーズです。このシリーズがFujikuraを有名にしたと言っても過言ではないと思います。

EVOLUTIONシリーズは、現在、最新がシリーズⅦ(7)ですがシーリズⅣ(4)まで販売しています。最新もシャフトが一番自分に合っているとは限りませんので、各シリーズの特徴を把握してください。特に、偶数世代(Ⅱ、Ⅳ、Ⅵ)は、中元調子。奇数世代(Ⅰ、Ⅲ、Ⅴ、Ⅶ)は、先調子となっています。

可能であれば、試打してみるのが一番です。

大まかなポイント

・2代目(EVOLUTION Ⅰは少し柔らかい)
・偶数世代 (Ⅱ、Ⅳ、Ⅵ) は、 中元調子。奇数世代(Ⅰ、Ⅲ、Ⅴ、Ⅶ)は、先調子

Speeder EVOLUTION Ⅶ (7)

発売時期:2020年
キックポイント:先調子
特徴:トップが走り加速感が高い
   手元側も比較的柔らかい
   Motore Speederに似ている

Fujikura公式サイトより引用

Speeder EVOLUTION Ⅵ (6)

発売時期: 2019年
キックポイント:中元調子
特徴:Ⅱ、Ⅵよりもハードでなく扱いやすい

Fujikura公式サイトより引用

Speeder EVOLUTION V (5)

発売時期: 2018/08
キックポイント:先調子
特徴:同じ先調子のⅠ、Ⅲと比べるとクセが少ない(ヘッドがあばれない)
   初代の後継と言われている

Fujikura公式サイトより引用

Speeder EVOLUTION Ⅳ (4)

発売時期: 2017年
キックポイント:中元調子
特徴:かなりハードなシャフト(男子プロで使用者が多い)
   ハードヒッター向け

Fujikura公式サイトより引用

Speeder EVOLUTION Ⅲ (3)

発売時期:2016年
キックポイント:先調子
特徴:はっきりした先調子でクセが強い(捕まりやすい)
   ヘッドスピードが出る、飛距離も出る
  女子プロ選手の使用が多い

Fujikura公式サイトより引用

Speeder EVOLUTION Ⅱ (2)

発売時期:2015年
キックポイント:中元調子
特徴:切り返しで溜まるタイプ
   左に引っ掛けにくい

Fujikura公式サイトより引用

Speeder EVOLUTION TS (Tour Spec)

発売時期:2014年
キックポイント:中元調子

Speeder EVOLUTION (1)
発売時期:
キックポイント:先調子
特徴:しっかりめで、しなりが少ない
   ねじれないので、フェースの面が分かりやすい

Fujikura公式サイトより引用

Speeder EVOLUTION Ⅰ(1)

発売時期 : 2013年
キックポイント :
特徴:先端が走る、右プッシュする人におすすめ
   他の世代比べると柔らかい
   ヘッドが少し不安定(あばれる)

Fujikura公式サイトより引用
タイトルとURLをコピーしました