ITエンジニアがフリーランスで稼ぐ方法【ゼッタイに私にもできる】

フリーランス

「残業が多すぎる、、、」「給料が全然上がらない、、、」そんな悩みを持ったエンジニアは少なくないと思います。そんな状況を改善する為の一つが転職ですが、「同業種に転職をしたのは良いが、まったく状況が変わらない!」そういった声が多いのも現実です。

こういった状況を打開するもう一つの方法にフリーランスへの転向があります。最近では、ITエンジニアに限らず、会社から独立してフリーランスとした働くことは、一般的になってきました

「でも、フリーランスになるなんて、大変なんでしょ?」
そう思いませんでしたか?
じつは、ITエンジニアがフリーランス稼ぐことはそれほど難しいことではないんです。

まずは、具体的なイメージをお伝えします。
①念のため、3ヵ月分の生活費を貯める
②現在の会社に退職の意思を伝える
③フリーランスエージェントに登録する
④エージェントの指示通りに動く

これだけです。シンプルですよね。

一番大切なのは、まず、一歩踏み出すこと。それが最初で最後のハードルだと思ってください。

エージェントとは

人材紹介会社は、フリーランスのエンジニアの間に入って、企業と契約を行ってくれます。
その代わりにエンジニアは、人材紹介会社にマージンを支払います。
一般的なマージンは、10%~15%ぐらいです。
例えば、月額70万円の案件でマージンが10%の契約であれば、マージンとして7万円支払い、あなたの手元に入るのは、63万円となります。

いくつか実際のエージェントをご紹介します。エージェントのイメージをつかんでください。
また、エージェントによって得意な地域が異なります。ぜひ、ご自分の住んでいる場所に強いエージェントを見つけてください。

フリーランスの案件・求人はPE-BANK
フリーランスを全国主要10都市(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・岡山・広島・福岡)で支援する「PE-BANK」。平均年収800万円以上の裏付けは報酬額の8〜12%の明確な低マージン。Web系を中心に毎月1000件以上の案件を紹介。
プロシート(PROsheet) | フリーランス向け週2日〜のお仕事紹介。
フリーランスを対象に、業務委託お仕事をご紹介。1日3万円〜、週3で36万円から。登録から最短1週間で「人力」でご紹介。起業時に、単価UPに。
IT起業家・フリーランスを支える itpropartners.com
ITプロパートナーズは「週2回」からのお仕事紹介でIT起業家やフリーランスの自立を支えるサービスです。

何に気を付ければよい?

フリーランスのエンジニアが仕事を得る方法として、クラウドソーシングもあります。自宅にいながら仕事を受けて、実際の業務を自宅で出来る素晴らしいサービスです。

ただし、注意が必要なのは、それなりの収入を毎月安定して得るのは難しいです。まずは、エージェント経由で安定した収入を得られる先と契約。
平行して、少額の案件をクラウドソーシングで探す。
といった形がおすすめです。

まとめ

フリーランスのエンジニアになるために最も必要なのは、一歩踏み出す力です。
一歩踏み出したことに対する後悔は、踏み出さなかったことに対する後悔よりも圧倒的に少ないといいます。

ぜひ、あなたの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました